教育システム Academics

「国際基準の教育」を求める生徒が 世界中から集います

Learners seeking for global standard education

「沖縄国際学院」で学ぶ生徒像

Learners’Profile in OIS

高等専修学校では、文部科学省が定めた高校課程修了に必要な単位に加え、生徒の進路や進学先に合わせた独自のカリキュラムを積み重ねて学ぶことができます。本校には、将来、国連や国際機関などでの活躍をめざす、高い目標を持つ生徒が国内外から集います。

「少人数クラス」の理想的な環境

Intensive instruction in small class size

探究を中心とする本校の授業では、少人数制のクラス編成が大きな成果を生み出します。生徒が中心となって、多様な観点からお互いの考えを交換し、相手の意見も尊重しながら真理に到達する学び。コミュニケーションスキルを養う理想的な環境です。

マルチリンガリズムをめざす語学教育

Multilingual Education Programs

マルチリンガリズムとは「複数の言語でコミュニケートする能力」です。生徒の言語能力を伸ばすことは、本校の教師全員の使命と責任です。多言語教育を通じて国際的な視野を広げ、様々な世界観を理解し、多角的な視点を共有していく学びの環境を大切にします。

語学の熟達度を測る国際基準 CEFR

CEFRとは「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠」です。外国語の運用能力を、言語の枠や国境を越えて同一基準で測る国際的な指標です。本校では、世界100ヶ国で導入されるWIDA、TOEFL、IELTSを指針に高度な語学力を習得します。

日本語の文書表現力も大切に指導しま
日本人の生徒は「日本語の論理構成」を学び、日本語の文書表現力を高めます。これは英語の習得や他言語の上達、論理的思考にも大いに役立ちます。
外国人の生徒たちには日本語の指導を
外国人の生徒には、日本語能力試験などの目標を定めて日本語力を伸ばし高めます。母語・英語・日本語のマルチリンガルは、生涯役立つ能力となります。

Menu